おみくじはどう見ればいい?

おみくじはどう見ればいい?

初詣などで神社にいくときにおみくじをする人も多いのではないでしょうか。大吉、凶といろいろとありますが、何となくの意味くらいしかわからないと言われています。

せっかく毎年のようにやっているのに意味を知らないままやっているのはちょっと残念でしょうがないです。

おみくじを引くのならその意味を知って楽しめるのではないでしょうか。そこでおみくじの意味などを調べておきましたので、ご覧ください。

ほしよみ式占い師育成講座HPへ

おみくじの意味は?

「良い結果を引けるかどうか」の運試しと捉える人も多いでしょう。しかし、おみくじで大切なのは、「何を引くか」ではありません。そこに書かれている内容こそが重要です。

おみくじには結果だけではなく、メッセージのようにアドバイスが書かれているはずです。これこそが大切な言葉です。背中を押してくれるかもしれません。「気を付けて」と注意を促す内容のときもあるはずです。

どんなことが書かれていても素直に受け取り、謙虚さを忘れず今後に活かせればいい人生となります。

おみくじで大吉を引いたら

今のあなたの運気は最高潮。何をやっても上手くいく気分になるかもしれません。

しかし、最高潮は裏を返せば「今後上昇しない」という意味でもあります。「大吉無敵」と調子に乗ったり、人の好意や言葉を無下にしたりすると、一気に転げ落ちる可能性を秘めているのです。

それを証明するかのように、大吉でも警告的な一文が書かれているおみくじは非常に多いです。

おみくじで大吉を引いたときは、運気が絶好調だからこそ、確実に良い方向へ行けるように、慎重かつ謙虚になることが重要です。

おみくじで凶を引いたら

神社によって差はありますが、おみくじでは凶よりも吉が多いです。そのため、凶を引くとかなり落ち込む人もいるでしょう。

確かに凶は運勢が悪いことを意味します。しかし、裏を返せばこれからは上り調子。先の展望は明るい暗示です。誠実かつ慎重に進めば、きっと良い方向に転換できるでしょう。

また、本当は不満や不安があるのに、見ないふりをして流されていた場合、「それでは幸せは遠のくからきちんと向き合いなさい」という忠告でもあります。

おみくじを引くときには

おみくじは神聖な気持ちで願いを込めながら引くのがベストです。結果の運勢が良くても悪くても、あなたの未来を照らす大切なアドバイスが書かれているので、じっくり読み、言葉に耳を傾け、真摯に受け取るのが重要といえるでしょう。

ほしよみ式占い師育成講座HPへ
TOPページを見る