海外の占いと日本の占いの違いは?

海外の占いと日本の占いの違いは?

占いを副業にする前までは、占いは万国共通だと思っていました。

確かにある程度は共通ですし、基本は共通認識で大丈夫なんです。

けれど、それはある程度の話でした。

国によっては独自の進化を遂げる占いが多く、元は一緒でも派生して別の占いとして成り立っているものが当たり前に存在します。

その時に占いの歴史について調べてみると、面白いことがわかりました。

ほしよみ式占い師育成講座HPへ

色んな違いを比較してみた

調べてみると、占いというものは本当に色んな違いがあるのだということがわかりました。

これを機に、色んな違いを知ってもらおうかと思います。

海外の占いはいつ頃からある?

海外で占いが使われだしたのは、文献上で最古なのはメソポタミア文明となっています。

もしかしたらこれよりも古くから占いが使われていたかもしれませんが、証拠が残っていない為、現時点ではメソポタミア文明が最古です。

これを元に考えると、メソポタミア文明は紀元前40世紀と言われていますから、その辺りから占いが存在したと考えられます。

あまりにも古すぎて想像しにくいレベルですね。

ちなみにメソポタミア文明の頃は、今の人間の基盤となるものがたくさん発見された時代です。

例えばメソポタミアの先住民族であるシュメール人は、月の回転周期の発見や、1年を365日と計算するなど、今の我々の生活の元になるものがこの時代に計算され見出されました。

その他にも60進法を採用して1ダースという単位を作ったのもこの時代です。

そこから現在の西洋占星術の12星座が誕生しました。

これ以降、時代が進むにつれ、占星術はより精度を増して存在し、この考え方は世界中に広がりました。

発祥地や起源などは未だにハッキリと解明されていないのですが、それでもかなりの歴史があるということだけはわかります。

海外と日本の占いに違いはある?

現代では海外の占いと日本の占いの違いは、あると言えばあるし、ほとんど違いがないと言えばないんです。

何故こんな曖昧な言い方をするかと言いますと、占いの種類が多いので、『ものによりけり』と言うのが一番近いかもしれません。

占いは派生に派生を重ねているところもあるので、国によっての違いがあったり、万国共通だったりと差が凄いんです。

ただ、日本独自で誕生した占いに関しては、海外のものと大きく違うと言えます。

例えば日本には八百万の神というものがいます。きっと誰もが聞いたことある神様でしょう。

日本ではこの考え方が基盤となっているので、この考えを信仰している神社は海外には存在しないのです。

寺に関してはインドや中国から仏教と共に渡ってきたため、寺は海外にも存在しています。

けれど神社というものは日本独自のものなのです。

こう考えると日本に関しては、独自の占いどうこうよりも、伝統行事やしきたりの中に占いがあると考えてもいいかもしれません。

あと、日本独自の考え方として面白いのは、神様が雲の上にいる人だけではないというところですね。

八百万と言った通り、日本には神様が至る所にいると考えられています。

海や山、家、森、またはトイレなんかにも神様が存在していると言いますよね。

他の国よりも日本の方が神様との距離が近いような気がします。

だからこそ、日本人にとって占いは身近なものなのかもしれませんね。

西洋圏と東洋圏に違いはある?

次は西洋と東洋での違いを見てみましょう。

西洋と東洋と言うよりも、メソポタミア文明発祥のものと中国、インド系列のもので違いがあります。

メソポタミア文明発祥の占いと言えば、西洋占星術。

星の配置を元に、これから起こることなどを占ったりします。

その他にもタロット占いも西洋占星術の代表格です。

次にインド発祥の占いと言えば、インド占星術です。

こちらも同じく星の配置を元に占いをしていきます。

ただこの中でも宿曜占星術に関しては、星の配置ではなく、月の満ち欠けで占いをする珍しいものです。

西洋が太陽信仰をしているのに対して、こちらは月信仰と真逆な違いがありました。

次に中国発祥の占いと言えば、風水、易、四柱推命、姓名判断、紫微斗数、算命学…と他のとは全然違う形の占いが多いのが特徴です。

今までは星の配置や月の満ち欠けだったのに対して、歴だったり時間を元に占いをすることが多いのです。

占いの仕方に違いはあれど、どれが当たるとか、どれが一番とかはないと思います。

根本的に見ているものが違いますから、これに関しては比べようがありません。

多国籍化する日本の占い

日本にある占いは、ほぼ海外から伝わってきたものとされています。

勿論日本で生まれたものもありますが、どちらかと言えば日本で独自の進化をした占いが多いと思います。

新しい占いかと思っても、実は根本を辿ればかなり昔から使われていた占いなんてことはよくある話です。

いつの時代も、常に占いは進化し続けています。

日本人は昔から占い好きが多いため、あらゆる占いを受け入れてきました。

つまり日本人は、どの国の人よりも占いに貪欲なんです。

歴史上の人物だって占いの存在を知っていましたし、占いで国を治めていました。

散々「占いはインチキだ」と批評されてきた占いですが、本当にインチキだったらこんなに長く人々のそばにあるでしょうか?

間違いなく占いには人を惹きつける何かがあります。

ほしよみ式占い師育成講座HPへ
TOPページを見る